名古屋市の南区の整体、腰痛や骨盤矯正で人気の「ほほえみ整体院」の健康情報! 『健康だより2022年3月号(免疫老化を防ごう)』

2022/03/03 ブログ 腰痛 肩こり 骨盤矯正・姿勢 膝痛・足の痛み 手・腕の痛み スキンケア・頭皮ケア ダイエット・食事 自律神経・感情 腸活・免疫・自然治癒力
名古屋市の南区の整体、腰痛や骨盤矯正で人気の「ほほえみ整体院」の健康情報! 『健康だより2022年3月号(免疫老化を防ごう)』

名古屋市の南区の整体で肩こり、腰痛専門、骨盤矯正で人気のほほえみ整体院です。

腰痛!ひざ痛!肩こり!頭痛!・・・・・痛みでお悩みのあなたへ

次のつ全てにあてはまりませんか?
・同じ姿勢で長時間座っていると立ち上がる時に腰が伸びない…
・病院で検査しても「様子を見ましょう」とシップと飲み薬だけ出された…
・けん引、電気治療を繰り返しやっているが少しも良くならない…
・病院、接骨院、マッサージと3院以上通ってみたがなかなか改善しない…
・治療を受けた後はしばらく良いがすぐに元に戻ってしまう…
・この辛さを放っておくとどうなるのか?…とても不安だ…

その悩みを解決するきっかけを提供できることをお約束します。

名古屋市の南区のほほえみ整体院では、肩こり、腰痛の施術でも成果を上げ患者様に喜んでいただいております。

肩こり、腰痛専門、骨盤矯正で人気のほほえみ整体院では、根本改善のための施術を行い、人間が本来持っている自然治癒力の働きを十分に発揮できる環境を作り、一時的に痛みを抑えるのではなく、痛みを繰り返さない、肩こりや腰痛を繰り返さない提案していきます。この自然治癒力の働く環境さえつくることができれば、肩こりや腰痛は改善します。逆に、この環境が整わなければ長年悩み続けた腰痛はよくなりません。

そこで重要になるのが骨盤の働きです。骨盤は身体の動きに重要な働きをしていていわゆる身体の要になってくるところなので骨盤の歪みを整え安定した働きができるようにすることが必要です。

骨盤の歪みを整えるために骨盤の矯正を行い、骨盤周囲の硬くなった筋肉をほぐし、肩こりや腰痛の原因となる深い部分の硬くなった筋肉をほぐしていくことで肩こりや腰痛を改善していきます。

また、肩こりや腰痛は特に日常生活での身体の使い方、生活習慣が大きく影響しているので、その間違った生活習慣の改善を行っていきます。

もし、あなたが肩こりや慢性腰痛を解消して家事や仕事をがんばりたい、好きな趣味を楽しみたいと本気で思っている方は、ぜひ当院の整体をお試しください。

名古屋市の南区の整体で肩こり、腰痛専門、骨盤矯正で人気のほほえみ整体院では、

ただいま、無料相談キャンぺーンを実施しております。

ホームページ・ブログを見てご予約くださった方だけの特典!!

「肩こりや腰痛などの慢性の痛み不調を根本改善!!」

 

ご予約、ご相談の方法は、ホームページから メール、LINE公式アカウント、

お電話(052-829-0600)でお願い致します。

お電話の場合は「はい、ほほえみ整体院です。」とでますので、

ホームページを見て予約、相談をしたいのですがとおっしゃってください。

※不調の改善には自信はありますが、「整体は初めてだし自分に合うかわからない…」という方もいらっしゃいます。

 

施術が本当に自分にあうか分からない…

そもそもこういう施術院は行くのがこわい…

いきなり、「ここに通ってみよう」と判断するのも「任せてみよう」と決断することも難しいと思います。

 

そこで当院では、「できるだけ気軽にお越しいただきたい!」という想いを込めて無料相談キャンペーンとして無料相談を実施しております。お気軽にご相談いただけましたら、あなたにあった施術かどうか、判断しやすいと思いますのでお気軽にご相談ください。


さて話は変わりますが、

名古屋市の南区の整体で肩こり、腰痛専門、骨盤矯正で人気のほほえみ整体院では、

毎月健康に関するプチ情報をお届けしております。

その内容をブログでもご紹介したいと思います。

 

 

ほほえみ整体院健康だより2022年 3月号

こんにちは!免疫も老化することをご存知でしょうか?免疫は、病原体から身体を守る大切な機能です!しかし、加齢とともに衰え、「免疫老化」が進んでしまいます。免疫の働きを活性化して免疫老化を防ぐには、細胞の中にある「ミトコンドリア」が重要な役割を果たしています。今回はミトコンドリアの役割や免疫との関係、免疫老化を防ぐ方法などについてお伝えします!

 

免疫老化を防ごう!

活動エネルギーを生み出すミトコンドリア

人間の身体は、約37兆個~60兆個ともいわれる膨大な数の細胞でできています。

これらの細胞を動かすエンジンの役割を果たすのが、ミトコンドリアです。 ミトコンドリアは、1つの細胞の中に1つしかない場合もありますが、多い場合は数千個含まれており、細胞の活動に必要なエネルギーを合成します。

細胞の活動に必要なエネルギーの90%以上はミトコンドリアで生産され、それぞれの細胞に供給されています。ミトコンドリアがしっかりと働いてくれることで、それぞれの細胞が元気よく役目を果たし、生命が維持されます。

また、ミトコンドリアは、免疫機能にも大きな役割を果たしています。ウイルスや細菌などの異物が体内に入ってくると、防御機能を持った細胞が病原体を撃退し、体外へ排出しようとします。このような身体の反応を「免疫」といい、免疫反応を担う細胞を「免疫細胞」といいます。

免疫細胞も、他の細胞と同じようにミトコンドリアが十分に機能することによって、免疫細胞にエネルギーが供給され、免疫力が維持されます。ミトコンドリアはエネルギーを作り出す際に、副産物として活性酸素も一緒に作り出します。

活性酸素は、身体を酸化させてサビつかせる物質で、増えすぎるとガンや心臓病、脳血管障害などの生活習慣病に深く関わるといわれています。しかし、ミトコンドリアには、還元型コエンザイムQ10(CoQ10) やビタミンEなどの抗酸化物質が存在しているため、活性酸素がもたらす害を軽減させる働きが備わっています。

また、ミトコンドリアは免疫反応全体のバランスを取る「司令塔」のような役割も担っています。ウイルスや細菌に感染したことで細胞が傷ついた際には、他の細胞に影響を与えないように働きかけたり、免疫細胞が暴走しないように抑える働きをします

 

免疫老化を防ぐカギは、ミトコンドリア

免疫力は加齢に伴って低下してしまいます。加齢を避けることはできませんが、免疫老化を少しでも防ぎ、免疫細胞の働きを元気に保つためには、免疫細胞にエネルギーを供給するミトコンドリアを活性化する必要があります。運動不足や不眠、栄養不足などはミトコンドリアの量や質を低下させてしまいます。そこで、ミトコンドリアを積極的に増やし、細胞を活性化させるポイントは3つ! 運動 睡眠 食事です。

 

運動でミトコンドリアを増やす方法

ミトコンドリアは、長く連結しているほど元気だということがわかっています。そこで、長いミトコンドリアにするためには、ややきついと感じる運動を継続的に続けることがポイントです。日々の生活で取り入れやすい運動として「インターバル速歩」がオススメです。

....... インターバル速歩の方法.......

3分早歩き、3分ゆっくり歩き、を交互に繰り返します。

1日合計15分程度を週4日以上5ヶ月間以上継続して運動をすると、ミトコンドリアが長く連結し活性化されていきます。

 

睡眠でミトコンドリアを増やす方法

寝ているときにも、ミトコンドリアはエネルギーを作り続けて働いており、睡眠中は元気なミトコンドリアが増えやすいため、良質な睡眠をとることが重要です

ミトコンドリアが元気になると、さらに睡眠の質もあがるという相乗効果も得られます。

睡眠の質を高める方法の一つとして入浴はとても大切です。

寝つきをよくするには、就寝2~3時間前の入浴が効果的です。しっかりとお湯に浸かると、身体の隅々に張り巡らされている末梢神経の働きも良くなり、血行が促進されるので深い眠りにつきやすくなります。

シャワーだけになっている方は、しっかりお湯に浸かる日を週の何回かつくることをオススメします。 また、お湯の温度によって適切な入浴時間があります。

● 38度前後のぬるめのお湯・・・ 約25~30分

● 42度前後の熱めのお湯・・・約5分

● 40度前後のお湯で半身浴・・・ 約30分

体調をみながら好みの温度や時間にあわせて、取り入れてみましょう。

 

食事でミトコンドリアを増やす方法

ミトコンドリアを活性化させる為にかかせないのは食事です。

とくに還元型コエンザイムQ10は、ミトコンドリア内でエネルギーを生産する工程に直接関わっているので、とても大切な栄養素になります。

還元型コエンザイムQ10は、ミトコンドリアでエネルギーを作り出す過程に必要不可欠な栄養素で、ミトコンドリアが細胞を動かすエンジンだとすれば、還元型コエンザイム Q10 はエンジンの動きを円滑にするエンジンオイルのような関係になります。

また、還元型コエンザイムQ10は寿命に関連すると考えられている遺伝子を活性化し、ミトコンドリアを元気にするという報告がされています。

しかし、年齢を重ねるとともに体内の還元型コエンザイムQ10の量は減少するため、継続的に補うことが大切になります。

 

ミトコンドリアが元気になる栄養素

還元型コエンザイムQ10 - イワシやサパなどの青魚、ほうれん草、牛肉、豚肉、大豆、

アーモンドやピーナッツなどのナッツ類 など

ビタミンB1・B2 - 豚肉、うなぎ、玄米、納豆、レパー、卵 など

●α-リポ酸 - レバーほうれん草にんじんトマトブロッコリー など

●L-カルニチン - 羊肉、牛肉、鶏レバー など

パントテン酸 - 鶏ささみ、たらこ、鶏レバー、卵、さつまいも など

 

ミトコンドリアは細胞を動かすエンジンの役割を果たしており、私たちが健康な生活を送るうえで欠かせない存在です。免疫は、いざというときに慌てて備えようとしても、すぐに強化できるものではありません。そのため普段から免疫のシステムが働きやすい環境を整えておくことが重要です。ミトコンドリアを活性化し、免疫年齢のアンチエイジングを図りましょう。

 

 

 

鶏レバーとほうれん草の卵とじ1人前203kcal

 

レバーは鉄分だけでなく、葉酸やビタミンB12、たんぱく質も豊富に含んでおり、貧血予防にも最適です。ほうれん草にも鉄分、葉酸が多く、鉄の吸収を促すビタミンCも豊富なため、相乗して鉄欠乏を防ぐことのできる万能レシピです。

《材料》4人分

鶏レバー                  250g

しょうが(千切り)              15g

だし汁(かつお・昆布)  3/4 カップ

酒               1/4 カップ

みりん            1/2 カップ

砂糖             大さじ1・1/2

しょうゆ          大さじ1・1/2

ほうれん草                1

片栗粉                     小さじ1

水                           小さじ1

卵                           1

【A】

*酒                              適量

*しょうが(おろし)       小さじ1

 

  • レバーはひと口サイズに切り、もむように水洗いして血のかたまりを洗い流します。ボウルにレバー、【A】のおろししょうがと、酒をひたひたになるまで加えて30分~1時間程度漬け込み、血抜きをします。
  • のレバーをボウルから取り出し、沸いたお湯に加え軽く混ぜながら再沸騰したら水に取り、水を流しながらきれいに洗います。
  • だし汁、酒、砂糖、みりんを合わせて中火で沸かしてレバーを入れ、もう 一度沸いたらごく弱火にして5分煮ます。
  • しょうゆとしょうがの千切りを加え、そのまま2分加熱します。
  • 煮汁に漬けたまま粗熱を取り、冷蔵庫で完全に冷えるまで寝かせます。
  • ほうれん草は塩(分量外)を加えた熱湯で2分ほどやわらかくゆで、冷水 に取って冷やしてから水気を絞り、ひと口サイズに切っておきます。
  • 鍋に⑤の煮汁だけを入れて沸かし、沸いてからレバーとほうれん草を加えて再沸騰させます。
  • 水溶き片栗粉でとろみを付け、溶いた卵を入れてふんわりと混ぜ、余熱で火を通し、盛り付けて出来上がり。

 

ワンポイントアドバイス

レバーは何度も洗いながら丁寧に血抜きをすることで臭みがとれ ます。ごく弱火で煮すぎず、汁ごと冷やして旨みと水分をしっかりレバーに戻すことで、独特のざらついた食感が無く、しっとりと、のどごし良く仕上がります。

 

 

しめさばのとろろ和え1人前171kcal

さばは代謝に関わるビタミンB群が豊富に含まれています。菊の花は血行をよくする生薬になると昔からいわれており、栄養素はビタミンA、B1、B2、Cなどを含みます。代謝アップに役立つ一品です。

 

《材料》4人分

さば(上身)                    200g

塩                                  適量

酢                                  適量

昆布                               適量

食用菊小                       10個

長いも                          200g

紅たで                            少々

(甘酢)

酢                             大さじ1

砂糖                          小さじ1

(和え衣)

だし汁                        大さじ1

しょうゆ                      大さじ1

練りわさび                       適量

 

  • さばはザルに並べ、両面に塩をまぶして、半日くらいおいて身をしめます。
  • 酢洗いして、昆布を敷いた器に入れ、ひたひたの酢をかけて 1時間くらい置きます。
  • 中骨、薄皮を取って、薄切りにします。
  • 食用菊は花びらをはずし、酢を加えた熱湯でゆでて、合わせた甘酢に漬けます。
  • 長いもは厚めに皮をむいて酢水にさらし、すりおろします。
  • ③と④を和え衣で和えて器に盛り、上から⑤をたっぷりかけ、紅たでを天盛りにして出来上がり。

 

 

 

以上、『ほほえみ整体院健康だより』2022年3月号でした。

 

からだのことに関心があって、健康に関する情報が欲しいという方!

名古屋市の南区の整体で肩こり、腰痛専門、骨盤矯正で人気のほほえみ整体院では、

姿勢、骨盤に関する健康情報や季節ごとの健康情報を配信しています。

 

健康情報の受け取り方は、2ステップでカンタンです!

ステップ① LINE公式アカウントご登録

ほほえみ整体院LINE公式アカウント @860hedhr

QRコード

 

 

ステップ② スタンプを送信

スタンプをくれたお礼に健康情報をお送りします。

 

 

 

#腰痛 #肩こり #首こり #骨盤矯正 #整体 #マッサージ #ストレッチ #骨盤矯正 #筋膜リリース #首こり #膝痛 #筋肉 #姿勢 #仙腸関節 #肩甲骨 #名古屋市 #南区 #緑区 #天白区 #瑞穂区 #港区 #熱田区 #東海市 #大府市 #刈谷市 #豊明市 #東郷町 #千種区 #昭和区 #名東区 #中川区 #中区 #個室 #完全予約 #駐車場完備 #オンライン #オンライン整体 #オンライン施術 #リモート整体 #リモート施術 #マタニティ  #産後 #妊婦 #大江 #豊田本町 #道徳 #神宮前 #金山 #大同町 # 柴田 #山王 #名古屋 #堀田 #呼続 #桜 #本笠寺 #本星崎 #鳴海 #豊明 #尾頭橋 #熱田 #笠寺 #大高 #南大高 #共和 #大府 #刈谷 #瑞穂区役所 #瑞穂運動場西 #新瑞橋 #桜本町 #鶴里 #野並 #鳴子北 #伝馬町 #神宮西 #妙音通 #西高蔵