名古屋市の南区の整体、腰痛や骨盤矯正で人気のほほえみ整体院の健康情報!

2021/04/11 ブログ 腰痛 肩こり 骨盤矯正・姿勢 膝痛・足の痛み 手・腕の痛み スキンケア・頭皮ケア ダイエット・食事 自律神経・感情 腸活・免疫・自然治癒力
名古屋市の南区の整体、腰痛や骨盤矯正で人気の「ほほえみ整体院」の健康情報! 『健康だより2021年4月号(腸と脳の関係~免疫力UPのカギ~)』

名古屋市の南区の整体で肩こり、腰痛専門、骨盤矯正で人気のほほえみ整体院です。

腰痛!ひざ痛!肩こり!頭痛!・・・・・痛みでお悩みのあなたへ

次のつ全てにあてはまりませんか?
・同じ姿勢で長時間座っていると立ち上がる時に腰が伸びない…
・病院で検査しても「様子を見ましょう」とシップと飲み薬だけ出された…
・けん引、電気治療を繰り返しやっているが少しも良くならない…
・病院、接骨院、マッサージと3院以上通ってみたがなかなか改善しない…
・治療を受けた後はしばらく良いがすぐに元に戻ってしまう…
・この辛さを放っておくとどうなるのか?…とても不安だ…

その悩みを解決するきっかけを提供できることをお約束します。

ほほえみ整体院では、肩こり、腰痛の施術でも成果を上げ患者様に喜んでいただいております。

ほほえみ整体院では、根本改善のための施術を行い、人間が本来持っている自然治癒力の働きを十分に発揮できる環境を作り、一時的に痛みを抑えるのではなく、痛みを繰り返さない、肩こりや腰痛を繰り返さない提案していきます。この自然治癒力の働く環境さえつくることができれば、肩こりや腰痛は改善します。逆に、この環境が整わなければ長年悩み続けた腰痛はよくなりません。

そこで重要になるのが骨盤の働きです。骨盤は身体の動きに重要な働きをしていていわゆる身体の要になってくるところなので骨盤の歪みを整え安定した働きができるようにすることが必要です。

骨盤の歪みを整えるために骨盤の矯正を行い、骨盤周囲の硬くなった筋肉をほぐし、肩こりや腰痛の原因となる深い部分の硬くなった筋肉をほぐしていくことで肩こりや腰痛を改善していきます。

また、肩こりや腰痛は特に日常生活での身体の使い方、生活習慣が大きく影響しているので、その間違った生活習慣の改善を行っていきます。

もし、あなたが肩こりや慢性腰痛を解消して家事や仕事をがんばりたい、好きな趣味を楽しみたいと本気で思っている方は、ぜひ当院の整体をお試しください。

ほほえみ整体院では、ただいま、初回お試しキャンぺーンを実施しております。

ホームページ・ブログを見てご予約くださった方だけの特典!!

「肩こりや腰痛などの慢性の痛み不調を根本改善!!」

 

通常15,400円(税込)→ 初回お試し価格 8,800(税別)

ご予約方法は、ホームページから メール、LINE公式アカウント、

お電話(052-829-0600)でお願い致します。

お電話の場合は「はい、ほほえみ整体院です。」とでますので、

ホームページを見て予約をしたいのですがとおっしゃってください。

※不調の改善には自信はありますが、「整体は初めてだし自分に合うかわからない…」という方もいらっしゃいます。

 

施術が本当に自分にあうか分からない…

そもそもこういう施術院は行くのがこわい…

いきなり、「ここに通ってみよう」と判断するのも「任せてみよう」と決断することも難しいと思います。

 

そこで当院では、「できるだけ気軽に試していただきたい!」という想いを込めて初回限定のキャンペーンとして1回 8,800円(税込)で施術を試していただこうと思いました。これでしたら、あなたにあった施術かどうか、費用の負担を気にせず試せると思いますのでお気軽にご相談ください。


さて話は変わりますが、ほほえみ整体院では毎月健康に関するプチ情報をお届けしております。

その内容をブログでもご紹介したいと思います。

 

ほほえみ整体院健康だより2021年 4月号

皆さんは腸が「第二の脳」と呼ばれていることをご存じですか?

腸は便秘や下痢、お肌の状態、ダイエット、メンタルヘルス(心の健康状態)、免疫力向上など身体の様々な機能と関係があります。今回は腸が全身の健康に関係し ていることについてお伝えします!

腸と脳の関係~免疫力UPのカギ~

腸と脳の関係

腸はおよそ一億もの神経細胞を持ち、脳からの指令がなくても独立して活動することができる唯一の臓器なため、「第二の脳」と呼ばれています。

脳と腸は自律神経系、免疫系、内分泌系(ホルモン)の大きく3つの経路を介してお互いに影響を及ぼしています

このことを「腸脳相関(ちょうのうそうかん)」といい、脳から腸への情報伝達と腸から脳への情報伝達が、一方向ではなく双方向に影響を及ぼしています

不安や緊張状態の時に頻繁にトイレに行きたくなったり、胃腸の調子が悪くなったり、空腹のはずなのに過度の緊張で食欲が出ないなどの経験はありませんか?

脳がストレスや不安を感じるとその情報が腸に伝わり、腸の機能に影響を及ぼします

緊張や不安感など強いストレス状態になると、脳から腸に向かう信号が強くなり、自律神経系と内分泌系(ホルモン)を介して、腸の収縮運動が激しくなり痛みを感じやすく過敏状態になります。この状態が強く深刻なケースだと、お腹の痛みが続いたり、便秘や下痢などの症状が数ヶ月以上続いたりする過敏性腸症候群という能障害が起こりやすくなります。

また食物の摂取方法や食物の種類によっては腸から脳へ向かう信号を強くし、脳内の情報処理機能に影響を与えることも明らかになりました。脳が受けたストレスが腸の失調として現れたり、腸に起きた生理的変化が脳の機能に影響を与えたりといった現象も最近の研究で明らかになってきています。

腸に悪玉菌が増えることで腸粘膜に炎症が起き、その炎症が血流にのって脳にも影響を及ぼすという研究も近年では注目されています

うつ病を発症している人は、ビフィズス菌や乳酸桿菌などの善玉菌といわれる腸内細菌が、健康な人と比べて少ないことが研究により明らかにされています。うつ病の原因は神経伝達の異常やストレスの影響、慢性炎症などの要因が提唱されており、まだ不明な部分が多いものの腸と脳は深く関係していることが研究により明らかになり注目を浴びています

 

腸と腸内細菌の働きとは・・・?

腸は小腸と大腸に分けられ、小腸は十二指腸、 空腸、回腸からなり長さは全体で6~7mあります。 胃で消化された食べ物が送り込まれ、 栄養素の消化と吸収が行われ血管を通して全身に運ばれます。

大腸は盲腸、結腸、直腸からなり長さは全体で1~2mあり、お腹の右下からぐるりと時計回りに回っています。大腸は消化、吸収をほとんどせず、主に便をつくり、排出を促す働きをしています。

また小腸は消化液などの影響で腸内細菌が少なく、大腸には小腸の「万倍もの数の腸内細菌が群れをなして存在しています

善玉菌が2割、悪玉菌1割、日和見菌7割の割合で腸内細菌はバランスが保たれています。腸内細菌の主な働きは、免疫力の向上、ビタミンの合成、神経伝達物質の合成、短鎖脂肪酸の生成などがあります。

 

1.免疫力の向上

腸には食べ物以外に様々な細菌やウイルスも侵入してきますが、腸は外敵にさらされる機会が多いため、免疫機能が備わっています。侵入してきた外敵と直接戦う抗体や、免疫に関わる細胞の6割以上が腸に存在しており、腸は体内で最大の免疫器官と言われています。 この腸が健康な状態を保つことが、免疫力向上のカギとなります。

 

2.ビタミンの合成

腸内細菌は、食べた物の栄養素を使い腸内でビタミンを合成しています。

人は体内でビタミンの合成ができないため、腸内細菌の力でビタミンB群とビタミンKを生成します

 腸内に悪玉菌が多い環境になると、ビタミン合成能力が低下してしまいます。

 

3.神経伝達物質の合成

神経細胞間で情報伝達が行われることで、適切に身体に指示を送ることができます。

神経間で情報を受け渡す時に必要なのが、神経伝達物質です。

その中でも腸と脳に関係が深い神経伝達物質が「セロトニン」 です。

セロトニンは、脳内では心を安定させ集中力や幸福感、睡眠の質を高める働きがありますが、腸においては腸を動かす指令を出す際に使われています。

セロトニンは体内に10mgほど存在しており、その約90%が腸に存在し、血液に約8%、脳に約2%存在しています。腸で作られたセロトニンは直接脳内には取り込まれませんが、セロトニンの合成には腸内細菌が大きく関わっており、腸内細菌のバランスがよくないとセロトニンを充分に合成することができないため、腸内細菌のバランスがとても大切になります。

 

4.短鎖脂肪酸の生成

腸内細菌は大腸で消化されにくい食物繊維やオリゴ糖を発酵させて分解しますが、その際に短鎖脂肪酸が生成されます。

この短鎖脂肪酸は腸内細胞を増殖させる働きがあり、腸管壁に便が直接触れるのを防ぐこ とで腸管壁から侵入する細菌をブロックしたり、粘液の分泌を高めて便をスムーズに移行 できるようにしたり、水分やミネラルを吸収するためのエネルギー源になったり、大腸の蠕動運動を促進させる働きなど様々な機能があることが知られています。

 

このように、腸内細菌は腸内だけでなく、身体全体の健康を守るためにとても重要な働きをしています。

 

腸内環境を整えるためには・・・

● 善玉菌を直接身体に摂り入れる

● 善玉菌を育てるものを摂り入れる

この2つを積極的に心がけましょう! この2つを摂取するためにオススメな食べ物は、

● 善玉菌を直接身体に摂り入れる

ヨーグルト

キムチ

らっきょう

納豆

甘酒

味噌

など

 

● 善玉菌を育てるものを摂り入れる

豆類

発芽玄米

ごぼう

切り干し大根

海藻類

ひじき

じゃがいも

バナナ

きな粉

など

 

セロトニンを合成するときに必須となるビタミンB群ビタミンKは、腸内細菌によって作られているためバランスの良い食事が大切です

また日光浴や軽い運動はセロトニンの活動を促す効果があるので、毎日30分程度の散歩もオススメです。腸と脳の関係は、身体全体の健康にとても重要な働きをしています

まずはバランスの良い食事と軽い運動を意識して、腸内環境を整えていきましょう。

30分程度の散歩

バランスのいい食事

 

 

鮭と春キャベツのゴマ味噌炒め

●1人分:513kcal 《材料》2人分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮭には良質なタンパク質、ビタミンD、B2、抗酸化作用のあるアスタキサンチンが豊富に含まれています。

キャベツにはビタミンC、カルシウム、食物繊維がたっぷりです。血行を促進させるビタミンEが豊富なゴマと合わせることで、一 品でもバランスよく栄養を摂ることができます。

 

生鮭 4切れ (280g)

春キャベツ1/4個(600g)

にんじん1本 (150g)

新玉ねぎ1個(200g)

塩 適量

こしょう 適量

サラダ油 大さじ2

 

【A】

・すりゴマ(白) 大さじ2

・味噌 大さじ2

・はちみつ小さじ1

・酒大さじ1

・しょうゆ小さじ1

 

①鮭は骨を取って一口大の削ぎ切りにし、両面に塩、こしょうをふります。

②春キャベツはざく切りにします。(大きさはお好みで)にんじんは細切り、新玉ねぎはくし形に切ります。

③フライパンにサラダ油(大さじ1)を加えて中火で熱し、①の鮭を並べ、焼き色が付いたら一旦取り出します。

④③のフライパンに残りのサラダ油(大さじ1)を足し、②の野菜を加えて春キャベツがしんなりするまで炒めます。【A】を加えて全体に馴染むまで炒め合わせ、最後に③の鮭を加えて鮭の身が崩れないように注意しながらサッと炒め合わせ、塩、こしょうで味を調えて、出来上がり。

 

ワンポイントアドバイス

鮭は身が崩れないようにするため、まず中火でこんがり焼いて一旦取り出し、最後に野菜と合わせます。味噌の量は大さじ2ですが、お好みで調節してみて下さい。

 

 

 

ホワイトチョコとヨーグルトのふんわり蒸しパン

1個分:206kcal

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地にヨーグルトをプラスすることで、口溶けの良い蒸しパンに仕上がり、不足しがちなカルシウムと乳酸菌も補うことができます。さらに潰したイチゴをソースにすることでビタミンCも摂取できます。栄養価が高く、朝食などにもオススメです。

 

《材料》4個分(3~4cmのプリン型)

ベーキングパウダー 小さじ1

プレーンヨーグルト(無糖)50ml

ホワイトチョコレート 40g

薄力粉 100g

牛乳 100ml

砂糖 大さじ3

イチゴ4個

 

①ボウルに薄力粉、砂糖、ベーキングパウダーを入れ、泡立て器でよく混ぜます。

②ホワイトチョコレートを湯せんにかけて溶かします。

③①へ牛乳、ヨーグルトを加え、さらに混ぜ合わせます。

④③へ溶かしたホワイトチョコレートを加え、ゴムベラで混ぜ合わせます。

⑤クッキングシートを敷いたプリン型に4の生地を8分目まで入れます。

⑥⑤をフライパンに並べ、水を1cm程度の深さまで注ぎ入れ、火にかけます。沸騰したらキッチンペーパーをかぶせて蓋をし、強火で8分間加熱します。

⑦皿に盛り、フォークなどで潰したイチゴを盛り付けて出来上が

 

以上、『ほほえみ整体院健康だより』2021年4月号でした。

 

からだのことに関心があって、健康に関する情報が欲しいという方!

ほほえみ整体院では、

姿勢、骨盤に関する健康情報や

季節ごとの健康情報を配信しています。

 

健康情報の受け取り方は、カンタンです!

ステップ① LINE公式アカウントご登録

ほほえみ整体院LINE公式アカウント @860hedhr

QRコード

 

ステップ② スタンプを送信

スタンプをくれた方だけにこっそりと送ります!