名古屋市の整体で骨盤矯正で人気のほほえみ整体院による「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」のおはなし!

2019/09/17 ブログ
名古屋市の整体の仙腸関節障害

名古屋市の整体で腰痛、肩こり、お尻の痛み、骨盤痛、骨盤矯正で人気のほほえみ整体院です。

 

腰痛!肩こり!お尻の痛み!骨盤痛!でお悩みのあなたへ

 

こんなお悩みはありませんか?

 

朝、お尻が痛くて起きるのがツライ…

腰やお尻が重だるくなる…

洗面で体をかがめる動作ができない…

横向きでしか寝ることができない(夜間痛)…

痛みストレスになって全力で運動ができない…

骨盤の真ん中あたりに痛みを感じる…
この辛さを放っておくとどうなるのか?…とても不安だ…

 

もう大丈夫です!そのお悩みすべて解決します!

 

「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」は、放っておくと、仰向けで寝れなくなったり、前に屈む動作が辛くなったり、歩くときにお尻のあたりが痛くて歩けなくなるなど、日常生活も影響を与えてしまうしつこい骨盤の真ん中周辺の症状で、腰痛や膝の痛みなどの様々な不調を引き起こし、痛みがなかなか取れず日常生活でつらい思いをすることのなる症状なので注意が必要です。
 

もし、あなたが、「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」でお悩みでしたら、ぜひ最後まで読んでください。

 

その悩みを解決するきっかけを提供できることをお約束します。

 

さて話は変わりますが、前回は、「スポーツによる膝の慢性障害」についてお話しをしました。

今回は、出産や女性ホルモンの関係で女性のお悩みとしても多く、また健康ブームでスポーツや運動を行う機会が増え、スポーツ活動などで骨盤をゆがめるような力が加わることが増えたため、お悩みの相談も増加している「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」についてお話をしていきます。

 

「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」とは、どのような障害でしょうか?

まず、骨盤の構造についてみてみると、

仙腸関節(せんちょうかんせつ)とは、骨盤の骨である仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)の間にある関節です。

周囲の靭帯(じんたい)により強固に連結されています。

 

仙腸関節(せんちょうかんせつ)は、脊椎の根元に位置し、解剖学的には、不動関節(動かない関節)といわれていますが、実際には、画像検査でもほとんど判らない程度の3~5mmのわずかな動きを有しているといわれて、日常生活の動きに対応できるよう、ビルの免震構造のように根元から脊椎のバランスをとっていると考えられています。

 

この仙腸関節に中腰での作業や不用意な動作、あるいは繰り返しの負荷がかかることで関節に微小な不適合が生じ、そのことにより痛みが発生します。

 

仙腸関節障害は決して稀ではありません。一般的に、出産後の腰痛に仙腸関節障害が多いといわれますが、老若男女を問わず腰痛の原因にもなります。

 

仙腸関節炎や仙腸関節性腰痛は、その仙腸関節周辺に出る痛みのことをいいます。

腰痛の原因はさまざまですが、特に女性の腰痛や骨盤痛の原因となるものに仙腸関節障害(仙腸関節炎・仙腸関節性腰痛)が原因となって痛みを出しているものがあります。

 

症状としては、片側の腰臀部痛、下肢痛が多くみられます。

仙腸関節障害で訴えられる“腰痛”の部位は、仙腸関節を中心とした痛みが一般的ですが、臀部(でんぶ・おしり)、鼠径部(そけいぶ・あしの付け根)、下肢(かし・あし)などにも痛みを生じることがあります。

痛みを出す原因としては、日常生活の動きやスポーツ活動で骨盤をゆがめるような力が加わることで仙腸関節に負荷が加わって痛みが出てしまいます。

また分娩時に産道を拡げるために仙腸関節は緩みますので産後の腰痛の大きな原因になりますし、女性ホルモンの関係で月経周期に関連して疼痛が増減したりもします。

 

ぎっくり腰のような急性腰痛の一部には、仙腸関節の捻挫が原因と考えられているものもあります。

また、仙腸関節の捻じれが解除されないまま続くと慢性腰痛の原因にもなります。

 

さらに、症状の特徴はさまざまで、座る姿勢が辛くて電車に乗れない人、長い時間椅子に座れない、前かがみができなくて靴下が履けない人、仰向けに寝れない、痛いほうを下にして寝れない、という症状が特徴的で、歩くときの片脚荷重で痛みが強くなる人、歩行開始時に痛みがあるが徐々に楽になる、正坐は大丈夫という患者さんも多くいらっしゃいます。

 

腰臀部、下肢の症状は、腰椎の病気(腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなど)による神経症状(シビレなど)と似ているので注意が必要です。

 

下肢の痛みは一般的に坐骨神経痛と呼ばれますが、仙腸関節の動きが悪くなり、周囲の靭帯が刺激されることでも、坐骨神経痛と同じような下肢の痛みを生じてきます。

 

また、腰椎と仙腸関節は近くにあり、関連していますので、腰椎の病気に合併することもあり、腰椎の病気に対する手術後に残った症状の原因となる場合もあります。 

 

一般的な病院等の医療機関での診断方法は、以下のようになります。

仙腸関節はわずかな動きしかありませんので、レントゲンやMRI検査によって明らかな異常をみつけることが難しいため、病院で検査をしても仙腸関節障害と診断されにくく、一般的な腰痛症として扱われることが多くあります。

 

そのため、仙腸関節障害の診断で特に重要なのは、患者さんの訴える症状と触診です。

痛みは表現しづらいものですが、ご自身のひとさし指で痛みの部位を示してもらうワンフィンガーテストが特に有用になってきます。

日常生活を思い浮かべ、普段特に痛みを感じる部位を指でなぞって表現して頂くと診断がつきやすくなります。

そして触診で、機能障害を起こしている仙腸関節を圧迫することにより骨盤(仙腸関節)の捻じれが増強し、仙腸関節部の痛みが強く出ますので診断の助けになります。

また、骨盤の前の方を圧迫しても仙腸関節部の痛みが誘発されることがあります。

 

多くの人は一時的な症状で自然に治ってしまうことがあるので大きな問題にはなりませんが、中には慢性化してしまい日常生活動作に大きな支障をきたしてしまうことがあります。

 

一般的な病院等の医療機関での治療方法は、以下のようになります。

安静、鎮痛剤(痛みどめ)、骨盤ゴムベルトといった保存的治療がまず行われます。

骨盤ゴムベルトでは前締め、後締めを試し、疼痛が軽減される方を選択しますが、経過によって変わっていくこともあります。

骨盤ゴムベルトは、仙腸関節の微小な不適合の発生を抑える効果があり、仕事復帰時などの再発予防にも使えます。

これらの治療で改善しない場合には、仙腸関節ブロック(仙腸関節に局所麻酔剤を注射)を行います。ブロック注射によって痛みが軽減されることで、仙腸関節の適合が良くなり、回復に向かうと考えられています。

非常に稀ですが、これらの治療を行っても強い症状のために日常生活に支障をきたす場合には、仙腸関節の微小な動きを止める手術(仙腸関節固定術)が行われます。

 

このような痛み止めの薬、ブロック注射、骨盤ゴムベルトなどの保存的療法は、痛みを抑えるための治療方法として用いられますが、しかし、いずれの方法も痛みが取れるのは一時的であることが多く、動作によって骨盤への負荷が加わると痛みが再発してしまいます。

また、本来動くべき関節を固定して動かないようにしてしまうのは、身体にとって大きな負担になってしまうのでできれば避けたいところです。

したがって痛みが再発しないようにするには、徒手的に仙腸関節の適合を正した上で、日常の様々な身体活動を行う際に仙腸関節へ加わる負荷を減らすために、日常生活での身体の使い方を変えたり、自分の筋力で仙腸関節を安定させることが求められます。

そのためには、まず骨盤の歪み(特に仙腸関節の歪み)を整えること、そして体幹筋トレーニングなどの運動療法を行うことや日常生活で体に負担をかけないように生活習慣や癖を改善していくことが重要になってきます。

 

「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」でお困りの方は、是非、名古屋市の整体で腰痛、肩こり、お尻の痛み、骨盤痛、骨盤矯正で人気のほほえみ整体院にご来院ください。

 

 

「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」は、日常生活の動きやスポーツ活動で骨盤をゆがめるような力が加わることで仙腸関節に負荷が加わって痛みが出てしまいます。また分娩時に産道を拡げるために仙腸関節は緩みますので産後の腰痛の大きな原因になりますし、女性ホルモンの関係で月経周期に関連して疼痛が増減したりもします。

つまり、筋力不足、筋力のアンバランス、からだの柔軟性不足、アライメント不良といった筋肉の緊張が強い状態、ホルモンバランスの不良などの生理的、身体要因が非常に大きく影響してきます。

そのため、筋肉の状態や体のバランス、自律神経、ホルモンバランスなどを解決していく事が大変重要になります。

肩こりや猫背、また腰痛などに長年悩まされている方のように、身体の状態が悪い、つまり骨盤や骨格のゆがみ、姿勢のゆがみなどの問題を抱えている方が発症しやすく、また進行して状態を悪化させやすい傾向にあります。

したがって、「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」の治療も痛みの箇所だけに注目するのではなく、骨盤のゆがみや猫背などの姿勢のゆがみといった根本的な原因からの改善を図っていくことが大変有効になってきます。

 

 

 

以上、今回は「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」についてお話をしてきましたが参考になったでしょうか?

 

 

腰痛や「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」などは、スポーツや運動、お仕事や日常生活での姿勢や身体の使い方などの影響で、腰や膝関節の周囲の筋肉の緊張や疲労とそれに骨盤や膝関節への負担によっておこってきます。
そのため、
アライメント不良や姿勢を崩す原因である骨盤の歪みが大きく影響します。
腰痛や
「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」を根本から改善していくには、まず骨盤の歪みを整えて土台をしっかりした上で姿勢の崩れを正し、負担のかかっている腰や膝の硬くなった筋肉をほぐしてして膝にかかる負担を減らしていくことが大事だということがご理解いただけたと思います。

 

ほほえみ整体院では、「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」の施術でも成果を上げ、患者様に喜んでいただいております。

 

ほほえみ整体院では、根本改善のための施術を行い、人間が本来持っている自然治癒力の働きを十分に発揮できる環境を作り、一時的に痛みを抑えるのではなく、痛みを繰り返さない、「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」、腰痛や肩こりを繰り返さない提案していきます。この自然治癒力の働く環境さえつくることができれば「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」、腰痛や肩こりは改善します。逆に、この環境が整わなければ長年悩み続けた「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」、腰痛や肩こりはよくなりません。

そこで重要になるのが骨盤の働きです。骨盤は身体の動きに重要な働きをしていていわゆる身体の要になってくるところなので骨盤の歪みを整え安定した働きができるようにすることが必要です。

土台となる骨盤が整い安定した働きができると背骨の積み上がりがしっかりとして姿勢が改善されます。つまり猫背やストレートネックなどが改善されるので首や肩にかかる負担が無くなり、首や肩周囲の筋肉が硬くなること(首や肩のコリ)や頸椎への負担を防ぎます。また、歩行動作などの足の動きは、骨盤の安定した働きによって正しい動きが行われます。特に、仙腸関節は、骨盤の歪みの影響を大きく受けるので骨盤が歪んで働きが悪くなっていると仙腸関節も歪み、しっかりとした動きができず、痛みなどの症状を出すようになります。

そのため、骨盤の歪みを整えるために骨盤の矯正を行い、骨盤周囲の硬くなった筋肉をほぐし、「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」や腰痛、肩こりの原因となる深い部分の硬くなった筋肉をほぐしていくことで腰や膝、首肩への負担を減らして、「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」や腰痛、肩こりを改善していきます。

また、「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」や腰痛、肩こりは、特にスポーツや運動、日常生活での身体の使い方、生活習慣も大きく影響しているので、その間違ったスポーツや運動での身体の使い方、生活習慣の改善を行っていきます。

 

もし、あなたが「仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)」重度の腰痛、肩こりを解消して家事や仕事をがんばりたい、好きな趣味を楽しみたいと本気で思っている方は、ぜひ当院の整体をお試しください。

 

ただいま、初回お試しキャンぺーンを実施しております。

ホームページを見てご予約くださった方だけの特典!!

仙腸関節障害(お尻の痛み、仙腸関節性腰痛、骨盤痛など)や慢性の痛み不調を根本改善!!」

 

通常7000円(税別)→ 初回お試し価格 2980(税別)

ご予約方法は、メール、line@、お電話でお願い致します。

お電話の場合は「はい、ほほえみ整体院です。」とでますので、

ホームページを見て予約をしたいのですがとおっしゃってください。

不調の改善に自信はありますが、「整体は初めてだし自分に合うかわからない…」という方もいらっしゃいます。

そこで、「できるだけ気軽に試していただきたい!」という想いを込めて初回限定のキャンペーンを行っております。

気軽にご相談ください。